映画「新聞記者」 感想・レビュー


映画「新聞記者」を観て来たので感想を書いてみようと思います。



あらすじ(公式サイトより)

東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。
日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。

 一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。

 真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。

 二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!

 現在進行形のさまざまな問題をダイレクトに射抜く、これまでの日本映画にない新たな社会派エンタテインメント!あなたは、この映画を、信じられるか──?

876c4669c5cdfa56.jpg

MOVIXさいたまで観賞。お客さんがいっぱい入ってました。なかなか面白い内容、映画の出来も悪くなかったです



もっとはっきりスバッと「(もり)かけそば問題」をえぐっていると思ったんだけど、ん~やはりご時勢ということでそうも行かなかったのか、



生々しいリアルさというよりフィクション…あるいはサイエンスフィクション(SF)っぽい描き方をしています。奥歯に物がはさまったような(これを「忖度(そんたく)」と言うのではないかと…笑)淡々とした流れ。これは主演の松坂桃李の草食的というか観念的な演技のせいかも



ラストに大きなヤマがあって「マジかよ!!」となるわけですが、そのマジさがあまりストレートに…伝わらないような。それこそ「これ、裏取れてるの?(証拠があるの?)」みたいに思えてしまうのですね。かえって作品のフィクション性を高めてしまってる気がする。本当なら大問題ですが(?!)



でもあれが現実でもちっともおかしくないよね。この映画とは関係ないけど、原発再稼動だって、エネルギーの話だけじゃなく、目的はその副産物を「そっちのほうで」再利用したい、そのために常に動かして備蓄しておきたいというのが見え見えですもんね



(これは観ていただければわかります。ネタバレしないように…)



主役に韓国の女優さん(シム・ウンギョン)を持ってきた。この人のエキゾチズム(異国情緒・無国籍性)によって生じる客観性によって…忖度というのはある意味日本人の本性だから…「日本人とは何なのか?」という根源的なところまで追及しようと思えばできたと思うんです



でもそのあたりの効果は50%くらいかな。充分追求できているとは言えない。とにかく事実関係を淡々と綴(つづ)る進め方なので、人間のドラマとしてやや薄い



何より観ていて怖くない。松坂桃李がどっち付かずで、彼は何が怖いのか、何を恐れているかがあんましね…伝わらないのですね。ヒントはいっぱい出ているんだけども



でもまあこれが本当なら…総理大臣という肩書きの人を、これからは敬礼しながら「総統(そうとう)」って呼ばなきゃなんないかな(笑)あるいは「尊師(グル)」のほうがピッタリかも(爆)



あと、ネットの世論操作って本当にあんなことまでやってるのかな。まあでもよく聞く話だから本当なんでしょうね。気色悪いわ(笑)



サスペンス、社会派映画としてはいまいち物足りないような。客観的事実の暴露なら、進行中の裁判にも影響を与えた「真昼の暗黒」、日本人の本性を暴いたものなら「武士道残酷物語」(共に今井正監督)という名作もすでにあるので、機会があったらそっちも観て欲しいですね。昔の社会派の巨匠の作品の方が骨太でよくできてますよ



ただ、今のご時勢ではここまでが限界ですというのなら、(言論の自由が制限される中で)よく頑張ったねとねぎらってもよいとは思います。点数を付けると80点かな。悪くない、観て損はない映画だと思います



あなたの税金が何に使われてるか、その一端が知れる映画です。選挙前だし観ておきまっしょ~おすすめです☆

恒例サマーセール開催!!!

毎年恒例サトウ薬局サマーセールを開催いたします。明日7月10日(水)から7月13日(土)まで



期間中、商品(税抜)3000円以上お買い上げのお客様に

お買い上げ金額の10%相当のお買い物券(1年間有効)

例:3000円→300円、10000円→1000円、50000円→5000円

税抜きの金額の1割分を差し上げます!!



さらに、細かな文字が大きく見える!メガネの上から使える!拡大ルーペ☆

【メガネ型拡大ルーペ】1.6倍をもれなくプレゼント!!

2019summer.jpg

ご来店お待ちしております!



思ったより寒いこの季節、風邪を引いてませんか?



「風邪っぽいな…」と思ったらすぐ「板藍茶(ばんらんちゃ)」を溶かしたお湯で「天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」をお飲みください。それ以上ひどくならないために!



「下痢をする、体が重だるい、冷たいものをとりすぎた」という方には「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」体内の水分調節をしましょう!



「明け方寒いのに布団をはだけて寝てしまい冷える、クーラーが好きじゃない」という方、「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」で体を温めましょう!

なでしこジャパン8強ならず。オランダに敗れ姿を消す

FIFA女子ワールドカップ2019」けさ4時からベスト16の日本対オランダ戦がありました。徹夜して生中継を見ました



オランダはおととしのヨーロッパ選手権のチャンピオンです。今回の予選リーグも3戦全勝で、強いのは間違いないですが、2年前のアッと驚く優勝(そこまで強いとは全然思っていませんでした)から2年経ってます



最近はその当時ほどクオリティが高くないと聞いていましたし、4年前のワールドカップでは日本が圧勝したので、相性もいいから何とかなるだろうと思ってました



日本の先発は生きのいい若手か、ケガで試合に出ていないベテラン選手を大胆に起用するのでは、と予想していました。じゃないとわざわざフランスまで連れてきた意味がないですもんね



ところがふたを開けてみるといつもと同じメンバーでした。違いは休んでた長谷川が復帰したくらいかな。このメンバーを見た時点で「こりゃアカン、今日で終わりだな」と覚悟しました。というのも、これまで予選で全くうまく行ってないメンバーだし、作戦的に新しい引き出しもないという告白に思えたからです



今日の日本選手は体が重く足元がおぼつかなく、水をまいたピッチで滑ったりして動きが悪かったです。オランダのプレッシャーがゆるかったのでボールは回せていましたが、いちどコーナーキックを与えるとあっさり失点してしまいました



菅澤と岩渕の2トップはミス連発だし、右サイドの中島は相手と接触して頭を打ってヘロヘロ、ボランチの杉田は何がしたいのかわかんない感じでひどかったです。ディフェンスの4人も危なっかしくて。唯一三浦が懸命に走ってカバーしてました。彼女の孤軍奮闘でした



前半終了間際に「やっと」菅澤と岩渕が噛み合い、スルーパスを長谷川がゴールして同点になりました。これは相手を完全に崩してメチャクチャかっこよかったけど、そこまでしなきゃ入らないのかぃ!と突っ込みたくなる、実に複雑な手順を踏んだゴールでした



ただ、その後ペースは日本に来まして、ボールをキープして回すからオランダの選手は対応してるうち疲れてしまって足が止まってきました。そこで中島に代えて、ケガをしていて初登場の籾木を投入。これがよかった



彼女はテクニシャンぶりを遺憾なく発揮して、決定的なパス、惜しいシュートなどいい場面をたくさん作りました。杉田も攻撃参加して本来の実力を発揮し始めました。得点の匂いがプンプンし、これは行けるかなと思ったとき



岩渕が足をつり、歩くのも困難に。菅澤も疲れ果てていたので、2トップを一気に代えればいいものを監督が動かず、おかげでオランダにボールが渡り、ゴール前の混戦で熊谷がハンド。これはビデオを見ましたが確かにハンドでした。PKで1点取られて万事休す



岩渕や長谷川、杉田は中盤以降さすがの活躍でしたが、特にすばらしかったのは三浦と籾木です。三浦はもっとレベルアップして欲しいと大会前に書いたんですけど、本当にがんばりました。試合後の涙のインタビューは見ててつらかったです(もらい泣き)



試合内容は、特に後半は面白かったのですけど負けは負けです。とにかく選手の選び方、コンディションの整え方、対戦相手の研究、チーム戦術などなどダメすぎました。あの状態で本番に臨むのは…何だかね、日本はすごく独自の道を歩んでる気がしました。何かサッカーもガラパゴス化してきているような



前の佐々木監督の末期からおかしくなった流れを修正できていない。世代交代もできているようでできていない。使いづらい選手を外しただけのような感じ



いつも期待して試合を観るんですけど、勝てるという実感をほとんど持てませんでした。戦力的には揃ってました。ただケガ人が多すぎて使えない。ゲーム形式の練習も満足にできなかったそうで、それじゃ話にならないですよ



高倉監督はなでしこリーグの試合会場でよく見かけましたが、何を見てたのかなーと。他にいい選手いっぱいいるのにね。私は監督としてはもう無理だと思います。求心力がないし、試合も面白くない。高倉ジャパンのあいだにファンが離れてしまいましたよ。負けてばかりだったので



まだまだ有望な選手がたくさんいるので、その人たちを伸ばしてまたトップを狙える新しい指導者の就任を期待します。とはいえ、オリンピックまでは高倉さんがやるみたいですね。彼女で世界からの遅れを取り戻せるんでしょうか。。。



追記:負けて頭にきたのでこういう文章になりましたが、オランダ戦のビデオの面白いところにチャプター(巻き戻しポイント)を入れて見てみると、何度でも巻き戻して見てしまいますね。中毒性がありますよ



前半同点にするまでがあまりにも出来が悪かったので、全体を通して見るとイマイチですけど、なでしこのチャンスのシーンに限れば、他の追随を許さないクオリティの高さですね。笑っちゃうくらい凄いよね



アメリカ対フランス、事実上の決勝戦」なんかも観ましたけど、スピードやパワーは凄いし、お客の盛り上がりも最高潮なんだけど、技術的な意味ではそんなに面白い試合とは言えなかったです



アメリカがなでしこに特別なライバル心を抱いている(らしい)のもわかる気がします。いちばん強いのはアメリカですけど、いちばんうまくて面白くて美しいのは依然としてなでしこだと思います☆それでいいのか、って話ですけど



だから高倉さん、東京五輪はちゃんとやってね(泣)



追記2:今大会最高に面白かった試合はカメルーン対ニュージーランド(予選リーグ)か、この日本対オランダ(16強)だと思います。あとアメリカ対イングランド(準決勝)、スウェーデン対イングランド(3決)もよかったです



カメルーンのユニークさ、スウェーデンの堅実さを称えたい☆あまりにも筋肉筋肉してる試合よりは、ユニークな発想や女性的な柔軟性、確かな技術をついつい求めてしまうものですね

なでしこジャパン、イングランドに敗れる

FIFA女子ワールドカップ2019



けさ(6月20日)グループリーグ第3戦が行われ、



日本代表(なでしこジャパン)はイングランド代表に0-2で敗れました



今回は2トップを岩渕と横山、両サイドを遠藤と小林、ボランチにずっと右サイドで出ていた中島を起用しました。これがベストメンバーなのかなぁ(?)と思いながら早起きして生で観戦しました



開始直後はイングランドが攻め込み、それに耐えた日本がペースを握って優勢に進めました。横山のフリーキックが惜しかったです。相手のキーパーのスーパーセーブに遭いました



しかしその後バックラインでグダグダ回しているうちにイングランドにボールを奪われ1点先取されると、いろいろとうまく行かなくなりました



後半中島をサイドに戻し、菅澤を投入しましたが打開できず、もう1点取られて万事休すでした。ずっと押してはいたのですが決定力がなく、イングランドも余裕で受け止めていた感じで、点は奪えませんでした



この試合は勝ちに行くと両監督とも言ってたんですけど…結局どっちも引き分け狙いの消化試合というかテスト用の試合だったように思います。ベストメンバーじゃなかったし



私は第1戦のとき(https://satoyakkyoku.at.webry.info/201906/article_4.html)、グループリーグは2位狙いなんじゃないかと書きましたが、本当にそうだったみたいです。アメリカやフランスと当たりたくなかったのかなと



いつまでテストやるんですかねー。次は負けたら終わりなんですけど。まあやりやすい相手の山に入ったので、ベスト4は狙えると踏んでいるのでは。ベスト16で負けたら私はちょっと頭に来ますが(いい選手がたくさんいるのに、ケガしてる人ばかり連れて行ったので)



次はカナダかオランダ。オランダが来るかな…ヨーロッパチャンピオンで強いですよ。どうなんでしょうね、早く「本気の」なでしこが見てみたいものです

セール開催!!

恒例月末セールを開催いたします!6月29日(土)まで



漢方薬・キヨーレオピン・レオピンファイブ・松寿仙・レバンコンク・資生堂化粧品を税込み5400円以上お買い上げのお客様に



アルミ蒸着フィルムとファスナーでバッグ内の温度をキープします

【パレル】保冷温タウンバッグ
をおひとつプレゼント!!

画像


サイズ/290×底W330(入れ口:420)×130mm

数に限りがあるのでお早めに☆



今月のお手紙から



梅雨のだるさは自律神経(交感神経・副交感神経)の乱れと湿気が原因です



だるさ解消には、交感神経・副交感神経のスイッチを入れて対処しましょう



湿気を取るにはエアコンの使用や水分補給の調整に加えて漢方薬の活用を!



体にたまった余計な水分を除去して梅雨の時期を快適に過ごしましょう。ご相談お待ちしております

なでしこジャパン、スコットランドを破る

FIFA女子ワールドカップフランス 2019、日本の第2戦はスコットランド戦でした。負けるとかなり苦しい状況でしたが何とか2-1で勝利☆



第1戦から先発を3人(横山、長谷川、南→岩渕、遠藤、市瀬)代えて臨みました。横山は不調、長谷川は足でも踏まれたかケガ、南はあがっちゃってデキが良くなかったということだと思います



遠藤が良かったですね!鮫島も良かったけど、岩渕もからめた3人で左サイドの攻撃を作り上げてました。1点目のアシストは圧巻でした。まああれくらいは普通にできる子ですけど



ホントは一人で縦にガンガン突破するタイプなんですよ。クロスも正確で危険な場所に出せる。シュートもうまい。昨日で70~80%くらいのデキかな。もっとやれますよ



岩渕のシュートは笑っちゃうくらいかっこよかった。菅澤も第1戦はメタメタだったのに、第2戦はポストプレーやワンタッチダイレクトとかとても良かったです。PKはちょっとオマケっぽかったですけどね



何となく日本寄りの判定が多かった気がする。ハンド採られなかったり、助かったとも言えますが相手に申し訳ないですよね



市瀬も良かった。的確な守りと前方への正確なフィードが売りな人ですが、昨日は守備が光ってました。終盤ミスして1点あげちゃいましたけど。あれはちょっと痛い失点になるかも



ということで、なでしこらしさの7割くらいは出てた、なかなかのゲームでした。このグループはイングランドが抜けていますがアルゼンチンもすごくがんばっていて面白い。まだどうなるかわかんないですね



日本はイングランドに勝ちに行くのか、引き分けでもいいと考えるか、戦い方も変わって来そうです。大敗しなければいいのかな。とにかくいい形で突破することを期待します

なでしこジャパン、アルゼンチンと引き分け

FIFA女子ワールドカップフランス 2019開幕しました。みなさんご覧になってますか?なってない?そうですよね…夜中だし



私は全試合放送のチャンネルを契約して、録画で見ています。アジア勢の不調が気になりますが、やはり面白いです~♪



今日は夜中になでしこジャパン対アルゼンチンの試合がありました。睡眠時間をけずって生中継を見てしまいました



久々に出場したアルゼンチンは世界ランクも低く、なでしこにとっては楽な相手とみなされていました。そこでアルゼンチンはガッチリ守備を固めてカウンター狙いで来ました



なでしこは引いて守るアルゼンチン相手に全くいいところがなく、いらだったのか反則を繰り返し(イエローカード3枚)、こんなにつまんない試合もめずらしいなというくらいつまんない試合で引き分けました(泣)



アルゼンチンは初の勝ち点1で泣いて喜んでいたそうです。おめでとう。でも私は見ててイライラし、かなり気が落ち込んでしまいました。漢方ではこういうのを肝気鬱結(かんきうっけつ)といいます。夜中でしたが思わず加味逍遙散(かみしょうようさん)を飲んで心を落ち着かせました



パスを細かく回して相手を揺さぶり、何人もが絡んで点をもぎ取るというなでしこの良さが全く消えていました。鮫島、中島、清水、菅澤、南、杉田、長谷川、横山、みんなダメでした。交代で入った遠藤と宝田は流れに乗れませんでした



これで次のスコットランド戦は絶対に勝たなくちゃならなくなりました。イングランドには勝てそうもないです。仮にこのまま勝ち進んでも決勝トーナメントですぐ負けるんじゃないかなぁ



と…思ったんですけど、ちょっと待てよと



2位で勝ち上がった方が楽な山に入るんだった。2位抜けで当たるオランダ、カナダ、ドイツの方が、1位で抜けたときのアメリカ、イングランド、フランスよりやりやすい



ロンドン五輪のとき、わざと2位で通過したらマスコミに叩かれたので、教訓にして死んだふりでもしているの!?高倉監督はいつも本気を出さない印象があるので、もしかしたらそういう作戦かも知れません



まさかの2位狙い?そうであって欲しいですが…今日のが実力じゃ悲惨すぎますので。ま、とにかく巻き返しを期待します。がんばってください